湘南立教会ホームページへようこそ!


INFORMATION 2月28日掲載

会報最新第45号(2024年春号)が出来上がりました!

こんにちは。会報委員会にて制作を担当いたしました45号会報誌が印刷・配達されてきました!総会にて配布いたします。記事執筆、写真提供、動画撮影などご協力感謝です♡会報誌、どこにご自分がいらっしゃるか、ぜひ探してみてくださいね。秋号に向けて、載せたい企画お写真などあれば、随時募集しております。また会報委員会に参加したい方も大募集です(またね)!お気軽にお近くの会報委員までお問い合わせください。(勝又裕子 H7経営卒)


JOIN US  2024年2月20日掲載

2024年春季ゴルフコンペのご案内

昨年11月に開催して以来、冬眠中だったゴルフコンペを4月18日に開催いたします。定員24名に達するまで申込順にて受付いたします。

奮ってご参加ください。

 

     詳細・申込はこちらから

 

      上記の写真は「鎌倉六大学交流ゴルフコンペ」


REPORT 2024年2月16日掲載 社会貢献・福祉委員会

タウンニュースに車いす寄贈が掲載されました。

 先日REPORTしました、湘南立教会から寒川町社協への車いす2台の寄贈が、2月16日のタウンニュース寒川版に掲載されましたのでご案内いたします。

記事の詳細はこちらから

(湘南立教会お宝探検隊)


REPORT 2月13日掲載 2024年度2月のこども食堂

今井先輩よりこども食堂にご寄付をいただきました。

 2月12日(月)は、2月の「移動こども食堂」の日でした。2月1日に2回目の能登半島地震の被災地支援の炊き出しのため、5トントラックで仲間共々3人で訪問したお話なども伺うことができました。

 支援物資はたくさん集まってきているけれど、それを配ったり整理したりする人が不足しており、炊き出し以外の時間は支援物資置き場の整理に費やされたそうです。また、・・・続きはこちら    また、今日は、今井亨先輩から、こども食堂に役立てて欲しいとご寄付いただいた、「手作り味噌」をお渡ししてきました。今井先輩、ありがとうございました。

(山﨑久美 S60キリスト教卒)


REPORT 2月9日掲載 ノルディック月例会

立教OG 春風亭一花さんの落語「ひとり会」

 2月8日の夜、関内ホールにて、立教大学OG、春風亭一花さんの落語「ひとり会」まで伺いました。参加者は、ノルディックウォーキング同好会から、中島さん夫妻、浜田さん、芳賀、そして、落語フリークの浅場さん、大嶋さん、江草さんの7名。

 一花さんは、経済学部経済学科を卒業後、春風亭一朝さんへ弟子入りされ、現在二つ目に昇進。昨年、NHK新人落語大賞のファイナリストに残られ、一躍有名になりました。

 つづきはこちら(芳賀孝志 S62経済卒)


REPORT 2024年2月1日掲載 社会貢献・福祉委員会

寒川町社会福祉協議会へ車いすを贈呈しました

 昨日1月31日、芳賀会長ほか4名で寒川町福祉協議会を訪れ、車いす2台を進呈しました。湘南立教会の行事同好会のお都度に、参加者の皆様からお預かりした浄財で車いすを購入して、藤沢市、鎌倉市、茅ヶ崎市の社会福祉協議会へ贈呈してきましたが、今回初めて寒川町へお届けしました。

詳しくはこちら

(鶴岡 健 S39経済卒)

 


REPORT  2024年2月6日掲載

校友会報「セントポール」で湘南の応援が大特集!

校友会報「セントポール」465号(2024年2月号)はお手元に届きましたか?2ページには、「第100回東京箱根間往復大学駅伝競走」特集として、第3区の応援レポートとともに、湘南立教会の応援も紹介され、小寺さん(S45経済卒)のコメントも大々的に取り上げていただきました!

「2年連続の本選出場ありがとう!本選出場へ向け、当会は予選会へ応援団を組み、正月2,3日は、藤沢・茅ヶ崎で「がんばれ!!!!立教ぉぉぉぉ!!!!!!」を叫びました。」是非ともご覧ください!

校友会報「セントポール」465号(2024年2月号)はこちら (湘南立教会お宝発見隊)


REPORT 2024年2月1日掲載

能登半島地震の災害復興支援募金を届けました

 1月31日に、民間災害復興支援団体チーム藤沢に、会員有志からの募金をお届けしてきました。明日、石川県輪島半島の被災地に寄付する、車椅子用の福祉車両と水を積んだバンと2台で、輪島に向かうそうです。

 この福祉車両は藤沢の老人福祉施設からの寄付なのですが、この施設のオーナーは立教を昨年卒業された同窓生のご父兄で、何かご縁を感じました。ナンバープレートを取得し、ナビとドラレコもつけてチーム藤沢というネームも藤沢の看板屋さんがボランティアでつけてくださったそうです。

 皆様の募金は、能登半島地震の被災地で生かされております。ご寄付いただきましたみなさま、ありがとうございます。(山﨑久美 S60キリスト教卒))


REPORT  1月16日掲載

【立教箱根駅伝2024】オフィシャル動画が公開

山﨑幹事長と伊東さんがインタビュー出演でも応援!

第100回箱根駅伝における湘南立教会の大応援を、大きくご紹介いただきました。山﨑幹事長(S60キリスト教卒)のインタビューは、3分58秒くらいから。伊東直子さん(H10独文卒)のインタビューは、4分30秒くらいから。(湘南立教会お宝発見隊)


REPORT 2024年1月15日掲載

今年も楽しくLet's RIKKYO!幹事会2024年新年会

 1月13日の幹事会後に行われた、新年会に参加しました。場所は藤沢の人がみんな大好きな甚伍朗さん、お刺身やお寿司、美味しかったです。

 先輩方から同年代の会員まで多数の方が参加され、箱根駅伝応援の話などのお話しをしたり、あっという間の時間でした。続きはこちら (宮崎名津子 H5経営卒)


REPORT 1月12日掲載

今年も楽しく健康に!ノルディック同好会の新年会

 みなさま、あけましておめでとうございます。そして、健康の神様、ありがとうございます。活動の第1弾は、新年会!昨夜、1月11日に藤沢の「まつだ家」さんに14名が集いました。参加者全員が、健康に新たな年を迎えられ、今年も心身のさらなる健康づくりにやる気満々です。今年から、伊東さん(H10独文卒)にも、会社の社長業や新婚生活の忙しい合間をぬっていただき、芳賀と一緒に世話人を担っていただくことになりました。続きはこちら (芳賀孝志 S62 経済卒)


REPORT 1月5日掲載

【特報!】箱根駅伝2024応援動画を公開中!!

2日間にわたった箱根駅伝の様子を、野平幹事(S62産関)と飯島幹事(H8社会)がダイジェスト動画にしました。特設ページからご視聴お願いします。動画はコチラ


REPORT 1月4日掲載

【応援2日目】箱根駅伝復路の応援!17位箱根スタート~14位で大手町ゴールの快挙に、全国で拍手喝さい!

 

応援2日目、各拠点の応援レポート&フォトギャラリーの詳細はクリック


REPORT 1月2日掲載 謹賀新年

【応援1日目】がんばれ立教! 箱根駅伝往路は沿道で大応援

みなさま、あけましておめでとうございます。昨日の能登地震で、開催が心配された箱根駅伝が無事に開催となり、ほっとしました。湘南立教会は、戸塚中継所前、藤沢小学校前、茅ケ崎一中通り、箱根小涌谷付近、その他個別各自や、南湖の河野さんからも応援の画像をいただき、各拠点の応援を紹介します。茅ヶ崎立教通りには、昨年に続いて、郭前総長ご一行、お馴染み徳光さん他60名で応援しました。そして、懇親会は39名でテレビ観戦しながら大いに盛り上がりました。(鶴岡 健 S39経済卒)応援1日目、各拠点の応援レポート&フォトギャラリーはこちら


襷をつなげ!第100回箱根駅伝への必勝メッセージ【アンコール号外】

駅伝応援同志たちとの夢のような観戦!鶴岡  健  様

この企画の第1話で取り上げました、20071229日に関東学連から出場する中村選手の割り当てコースが発表ということに大注目。立教大学が本選出場でしたら、湘南立教会は往路3区と復路8区が割り当てられ、12月中旬から藤沢や茅ヶ崎での応援場所を決めて、選手の誰が走るかを注目することになります。しかしながら、関東学連から出場となると1枠だけでどこを走るかが大問題となりました。・・・・

続きはこちら (鶴岡 健  S39経済卒)


【連載最終回】襷をつなげ!第100回箱根駅伝への必勝メッセージ

いよいよ来週!現役選手は我々の誇り!野平  修  様

1983年から1986年まで、立教大学の陸上競技部で、長距離パートに属していました。しかしながら、大学から陸上競技を始めた私にとって、当時「箱根駅伝出場」は現実味のない夢でしかなかったです・・・。よく「箱根駅伝を目指していたんですね」と聞かれる機会が多いのですが、正直練習に明け暮れたていたわけではなかったので、戸惑いながら「はい、箱根駅伝を目指していました!」と応じています(笑)。(練習についていくのに必死で一生懸命でしたが、ちょうど実家の商売が傾いて仕送りがなく、バイトに明け暮れてました。)・・・ 続きはこちら(野平 修  S61 産関卒)


【連載第7回】襷をつなげ!第100回箱根駅伝への必勝メッセージ

頑張れ!立教!シード権の獲得願う!福田  幸夫  様

箱根駅伝なんて、どこの話だよ!

・・・ってずっと思っていた。少なくとも2022年の夏頃までは。だって予選会のニュースなんて全然聞こえて来ないし、元水泳部だから正直言って全然興味関心が無かった。

 富山の片田舎から上京し、一浪の末立教大学の片隅に加えてもらった。卒業して忙しく働いて子育てを終え定年退職してから、漸く自分の時間が持てるようになった。現在はFacebookグループ「立教大学体育会を応援します。」の管理者の一人として立教の体育会応援とグループの活性化に務めている。

母校体育会各部のニュースや戦績、試合結果、大学・校友会。地域立教会のニュースや話題を毎朝、Webから拾い集めてグループに投稿している。現在は、4,500名の・・・ 続きはこちら (福田 幸夫 S54年卒、キリ教、体育会水泳部卒)


INFORMATION 12月21日掲載

湘南立教会「こども食堂長後元旦炊き出し隊」に協賛

 箱根駅伝まであと12日❣️ワクワクしながら私たちも応援の準備進めています。

 来年は、「箱根駅伝は100回大会」「立教大学は創立150周年」そして「湘南立教会は創立70周年」!この100年に一度の記念すべき年の初日に、何か記念になることできないかなぁと考えて、湘南立教会も、こちらのイベントに協賛させていただくことになりました!(さる11月の幹事会にて出席者のみなさまからいただいた募金のうち、1万円をお渡ししました。)

 元旦の朝に、コンビニにおにぎり買いに来た小学生がいた話から始まった取り組みだそうです。 皆様のお心だけでも寄せていただけると嬉しいです。炊き出しでも立教の応援アピールしてきます。ぜひ遊びに来てください。

(山﨑久美 S60キリスト教卒)


REPORT 12月16日4年ぶりクリスマス会開催

4年ぶりのマルコ教会、高田司祭の司式で

 コロナ禍で中断していた、最も湘南立教会らしい行事マルコ教会クリスマス会が、少し早い本日12月16日に開催された。少し早いという意味は、高田司祭のお説教で、「今日はまだ2本のろうそく。明日の日曜日で1週間前で3本のクリスマス。当日に4本のろうそくになる。」初めて伺った印象的なお言葉でした。(鶴岡 健 S39 経済卒)詳細はこちら


REPORT 12月14日掲載 Merry Christmas From U.K.!

飯田咲希幹事のイギリス・ヨーク大学留学レポート

みなさま、こんにちは。湘南立教会会員の飯田咲希(令和4年英米文学卒、現在立教大学院在籍)です。今回は、留学先のイギリスのヨーク大学から、大学の様子とヨークのクリスマスについてレポートしていきたいと思います。

私は現在、ヨーク大学の大学院にて、イギリスのロマン主義時代の文学を学んでいます。ヨーク大学は留学生を多く受け入れており、約5,500人の留学生が在籍している国際性豊かな大学です。市街地から少し離れた場所に位置しているメインキャンパスは、・・・・・ 続きはこちら Merry Christmas(飯田咲希 R4英文卒)


【連載第6回】襷をつなげ!第100回箱根駅伝への必勝メッセージ

わくわく、うきうきのお正月、もう、すぐです。  河野  理枝  様

あれは2008年ですから、もう15年前のことになるのですね。中村選手が学連選抜で出場し、みんなで保土ヶ谷に集合したのは。それまでお正月というのは漠然とですが、家族や親戚以外とは会えなくて(それはそれでうれしく大切な時間ではあるのですが・・・)、なんとなく物足りないような、塩っけが足りないような気分になる気がしていました。しかし、あのお正月は違いました。とにかくワクワクが止まらなく、応援時に持っていくものを整えたり、まるで気分は桃太郎でした。・・・・

続きはこちら (河野 理枝 S59 英文卒)


REPORT  12月3日掲載 本選応援まであと1か月!

「立教大学 × 箱根駅伝を10倍楽しむ講座」開催!

野平講師S61 産観卒)のお仕事柄といえ、過去の実績や今後の予想、立教内外の大学陸上と箱根駅伝の解説の幅と深さに、思わずうなってしまった講座飲み会でした。100回箱根駅伝の応援まであと1か月に迫った12月2日の夜、初の試み、「立教大学 × 箱根駅伝を10倍楽しむ講座」が開講され、師走の多忙な時期に関わらず、熱心な箱根駅伝ファンが集いました。

続きはこちら (芳賀孝志 S62 経済卒)


【連載第5回】襷をつなげ!第100回箱根駅伝への必勝メッセージ

生きているうちに箱根路を!の夢が実現  小川  昭世 様

 今からおよそ20数年前のお正月の事です。元旦に、東京の家で3家族全員でお祝いを済ませ、翌日2日の午後恒例となった元箱根の家へ主人と向かいました。第1の目的は、箱根駅伝復路のスタート地点近くでの応援です。3日の朝はあいにくの霙。

 このような天候の時に、全幅の信頼を置く頼れる相棒4駆のBMWX5で、いつもの無料駐車場を目指し、6時半に出発。外は霙と雪が繰り返す冷たさ。冬用の内部が、毛の靴を履いていてもジンジンと痛いほど。当時は、芦ノ湖沿いに歩いて行くと、読売新聞社の車が人々に旗を渡すためにゆっくりと走ってきます。時間も8時に迫ると、空に花火が「ドーンドーン」と打ち上げられ、各大学の応援団・チェアガール達もますます熱が入り、いよいよという雰囲気が盛り上がります。その中で、目を見張る光景に出くわしました。 続きはこちら (小川昭世S39英文科卒)


INFORMATION 11月28日掲載

3年振り!2023年度総会&懇親会の開催決定!

ž     2024324日(日)の午後、JR藤沢駅隣の銀座アスターにて、3年ぶりに総会及び懇親会を開催いたします。久しぶりにたくさんの会員の、懐かしい顔に出会い、楽しいイベントになりますよう、総会担当の山﨑幹事長、懇親会担当の松本副幹事長を中心に企画中です。まずは、みなさまの予定表の3月24日午後に「総会&懇親会」と記してください。詳しい内容は随時ご案内いたしますのでお楽しみに。それでは、総会&懇親会にて、元気なみなさまにお会いできますことを、楽しみにしております。(湘南立教会会長 芳賀孝志 S62 経済卒)

 


REPORT 11月27日掲載 ノルディックウォーキング11月定例会

材木座から稲村ケ崎・・湘南のど真ん中を歩く!

お天気の神様、ありがとうございます。昨日までの寒々しい気候から一転して、風もなく暖かい穏やかな一日になり、無事、今年最後のノルディックウォーキング定例会を開催することが出来ました。ジミー中村NW会長のもと、浜田さんの奥様、坂本さんの奥様、羽田さんの奥様、高山さん、伊東さん、芳賀、そして活動監査役の山﨑久美さんが初参加。材木座海岸から由比ガ浜と稲村ケ崎公園を経て、極楽寺、長谷を歩いて、秋の気持ちよい湘南エリアを堪能しました。

続きはこちらから (芳賀孝志 ノルディックウォーキング・インストラクター S62 経済卒)


【連載第4回】襷をつなげ!第100回箱根駅伝への必勝メッセージ

湘南立教会 ~箱根駅伝復活の着火点~      清水  誠  様【後篇】

 湘南立教会は毎年春に多くの来賓を招いて定期総会・懇親会を開催している。2018年3月の総会も鎌倉プリンスホテルで開催することにしたが、大学からは総長はじめ誰も出席がないと知らされた。それを受けて筆者(清水)は、4月から第21代総長に就任が決まっていた経済学部教授の郭洋春先生を研究室に尋ね、鎌倉へのお運びをお願いした。郭先生は総長就任にあたって地域校友の声も聴きたいと快諾をされ、当日は特別ゲストとして懇親会のスピーチで総長への抱負を熱く語られた。

続きはこちらから 清水 誠(昭和41年経、2016~2020湘南立教会会長)


REPORT 11月25日掲載

2023年度逗葉立教会の総会&懇親会にお邪魔しました

1125日、夕焼けで燃える冬の伊豆半島が感動的な、葉山港のカンファレンスルームで開催された、逗葉立教会の総会と懇親会へ、鶴岡さん、松本さんと共にお邪魔しました。実に4年振りの懇親会には50名強の校友と近隣他校OB会の方々が集い、異校友会交流を楽しみました。途中、湘南立教会からの、箱根駅伝本選の応援の告知の時間をいただき、駅伝スケジュールが記されたHCD駅伝チラシを配布して、去る立川の予選会動画(通称「野平動画」)で大いに盛り上がりました。逗葉立教会では、50~60代前半の新会員も増えているようで、BBQや花火大会のお誘いもいただきました。今後の交流のさらなる活性化が楽しみです。続きはこちら (芳賀孝志 S62 経済卒)


【連載第3回】襷をつなげ!第100回箱根駅伝への必勝メッセージ

第3回:立教箱根駅伝プロジェクト~20年余りの奮闘~ 清水  誠  様【前篇】

1968年(昭和43年)以来55年ぶりに箱根駅伝の本選出場にまでには諸先輩の涙ぐましいドラマがあった。校友は母校が箱根から長らく遠ざかってやりきれない思いでいた。これを是非復活させようと2002年(平成平成14年)に上野浅草立教会を中心に「立教箱根駅伝プロジェクタト」が立ち上がった。プロジェクトの初代会長は上野立教会の金子浩一会長(昭36英・上野東金屋ホテル社長)であった・・・・・

続きはこちら(清水 誠 S41年 経済卒、20162020湘南立教会会長) 


REPORT 11月17日掲載

ゴルフ同好会 秋季仙石ゴルフコンペ 女子の時代

昨日の11月16日(木)、秋晴れの絶好のゴルフ日和今回は、いつもより少ない4組16名で、箱根富士屋ホテル仙石ゴルフコースにて楽しみました。秋号会報で、湘南立教会ゴルフも女子ゴルフの時代と記しましたが、優勝は仙石在の勝俣優子さんが地の利を生かして??優勝!!!それだけでなく同姓同名ですが、2字違いの勝又裕子さんは、最終になったアウト9番、登りでグリーン面が見えない難ホールを何とピン奥1Mのスーパーショットでニアピン獲得。あれバーディー??そのあとは秘密らしい。(鶴岡 健 S39経済卒)

詳細はこちらから


11月12日掲載 【連載第2回】襷をつなげ!第100回箱根駅伝への必勝メッセージ

箱根駅伝4年連続出場!服部 昌司 様

湘南立教会の各種会合で、箱根駅伝が話題になりますと、服部昌司先輩(S35 社会卒、以下「服部選手」と記載。)にスピーチをお願いします。30年来親しくさせていただいております鶴岡は、もっと面白い、言ってみれば「箱根駅伝秘話」を伺っておりますので、今回はご本人に代わってエピソードをいくつか記述させていただきます。まず初めに、ビックリされると思いますが、服部選手は、高校時代はランナーでなくスキーヤーでした・・・・ 

続きはこちら (鶴岡 健 S39経済卒 代筆)