湘南立教会とは



 平成10年創刊されました湘南立教会会報に当時の和田会長が書かれた湘南立教会の歴史によりますと、昭和20年代は若いOBと学生を中心に運営されておりましたが、大学の校友課との連絡もなく、昭和34年ごろから会の活動もなくなってしまったそうです。

 その後、大学の校友課による校友会組織を作ることになり、湘南立教会は復活しました。

 平成24年には60周年の総会を盛大にお祝いしました。会員数も300名を超え湘南という広域地域立教会ということもあって最大の会と自負しております。

 湘南の海と山の自然環境に恵まれ、地引網はじめいろいろなイベントを開催して地域の校友の親睦を図り、毎年10月第3日曜日開催されます「ホームカミングデー」には湘南の特産の畳いわしを販売、地区の校友と親睦を図り貢献しております。

 毎月のように同好会が主催するゴルフコンペ、健康ウォ―キング、ノルデッキウォ―キング等が開催されております。校友との新しい出会いを求めて「お問い合わせ」よりご連絡をお待ちしております。
  


会長挨拶

湘南立教会 会長 清水 誠 

 この度、伝統ある湘南立教会の会長を仰せつかりました。湘南エリアにゆかりのある立教大学校友の皆さんが、あいつどい親しく交流を深める場として微力を尽くしまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

 高齢の先輩から新規学卒まで、幅広い世代のニーズをくみ取った同窓会活動には工夫が要りますが、幸い先輩方の敷いてくださったレールと多くの幹事役のご努力で、1年間に50以上もの大小イベントを開催するなど、全国から注目されるほど大変に活発な活動を行っています。

 このエリアと周辺にお住まいの校友の方は、どうぞご入会ください。そして幹事として運営に加わってくださる方は、老若男女・自薦他薦を問いません、ご一緒に楽しんで盛り立てていきましょう。

平成28年3月6日 清水 誠(昭和41年経済学科卒)


幹事長挨拶

湘南立教会 幹事長 田中征彦

 


もっと皆で! もっと立教!

 

幹事長就任に当たって            

 「もっと皆で! もっと立教!」のスロ-ガンの下、2月28日に開催された湘南立教会総会で

ベテラン幹事長の後任に指名されました田中征彦でございます。

先輩たちによって作られ、運営されてきた湘南立教会を今後の時代に合わせて進化させていくのが私どもの使命ではないかと思い、仲間と一緒に湘南立教会を発展させていけるよう汗をかくつもりです。

  このホームページを見られた方達が、湘南立教会に興味をもたれ入会され、

年2回の会報が届けられ、ご興味のある同好会に参加され、湘南立教会主催の“地引網大会”にお子様、お孫さんと参加され、音楽、落語、講演等 色々な企画のある“湘南おもしろ講座”を楽しみ、“ホームカミングデイ”で母校に貢献し、"クリスマスの集い”で年末を迎える、地元・湘南で新しい校友関係ができ、これからの湘南ライフが充実されることを期待しております。

  私も現在ゴルフ同好会に参加しております。スコアーは二の次で楽しい一日を同窓のメンバーと過せ、次回のコンペが楽しみになるのは、素晴らしい仲間がいるからでしょう。

  湘南立教会の会員は現役を退いた方々が中心をなしてきましたが、30代、40代、50代、60代の皆様が入会されても年代を超えた交流ができるように、又女性会員の方々が中心になって活動できる同好会を立ち上げるサポートをしようと思っております。

皆様のご参加お待ちしております。