4月22日~25日慶大戦観戦記

 

六大学野球春季リーグ戦観戦記(慶大戦)

 

 

 

序盤戦を終えて立、早、慶、明が勝ち点1で並び、第3週は実質の開幕戦となりました。22日(土)は逗子葉山松田会長グループとご一緒に応援席最前列で声を枯らして応援をいたしました。2点先取し、今日もいい感じで勝利かな。と思いきや、慶応打線の反撃にあい、守備の乱れも加わって同点で迎えた9回裏2死満塁の大ピンチ、立教の投手は中川颯(はやて)投手、(桐光学園1年)往年の杉浦投手を彷彿させる投球ホームから繰り出すストレートに慶大打線のバットは空を切り、2者連続の三振を奪い、2-2の引き分けで第1戦を終えました。

 

翌23日(日)、今日も立教応援席は盛況です。先発は”県立の星“手塚周投手(福島高校)です。2回3連打で先制するも、5回連打に味方の失策が重なり、慶大に1-2と逆転されました。

 

しかし6回ランナーを一人置いて山根佑太選手≪浦和学院4年)が右翼越え逆転ホームランを放ち、守っては藤田、中川投手が4回を1安打に抑え、3-2のスコアで慶大に先勝しました。

 

第1試合で明大が早大から勝ち点を挙げており、明日の3回戦で慶大から勝ち点を挙げれば、最終戦の明大戦で今までの借りを一気に返す絶好の機会が訪れます。

 

優勝への希望が膨らむ第3戦、先発は中1日の田中誠也投手ですが、4回に連打を浴び、救援した中村碧聖投手(聖望学園3年)も長打を打たれ、5点のリードを許しました。

 

峯本選手と笠松選手の主力打撃陣を故障で欠く打撃陣は、層の薄さを露呈し、好投する相手投手から反撃の糸口すら掴めず、9回1点を返すのが精一杯、1-6の大差で慶応に敗れ、1勝1敗1分けで、決着は4回戦に持ち越されました。24日(火)慶大との決着の日を迎えました。

 

先週の法大戦のような勢いは感じられず、先発の手塚投手は4回に連打を浴び5点を失い、救援した中村、田中両投手とも、1死も取れず5点を献上し、4回を終わって0-10というラグビーのようなスコアで早々と敗北が決定的となり、勝ち点を失い、優勝戦線から一歩後退しました。・・・高雄さんの嘆きが続きますが。(高雄  S43経)

 

4月22日は逗子葉山と合同応援会

慶応戦13時3塁側学生席入口集合


 

 

  今週末は立ー慶、 早-明戦が行われ、実質的な春季リーグ戦のスタートとなります。

 

  投手力の充実さに打線の好調さを加味すれば、慶大から勝ち点を取る可能性は高いと思います。

 

  そこで4月22日(土)、スポーツ応援の会は逗子葉山との合同応援会を開催します。

 

  集合場所は13:00 3塁側立教応援席入口前です。時間厳守でお願いします。

 

  皆様のご参加お待ちしています。

 

 

                                          (高雄 S43 経