立教スポーツ応援の会

2015年9月13日




東京六大学野球秋季リーグ戦観戦記


   慶應にリベンジしたぞ!



  あと少し、わずか1勝届かなかった昨秋の口惜しさをバネに臨んだ春の


  シーズンは、投打がともに全くかみ合わず、2年前までの定位置である


  5位に戻ってしまいました。


  出直しの第一歩となる秋のリーグ戦が9月12日に開幕しました。開幕の


  慶應戦は6回迄51とリードしていましたが、リリーフ陣の乱調により


  最終回に逆転サヨナラ3ランホームランを浴び、無念の敗戦となりました  第2戦は負ければ勝ち点を失い、優勝戦線から脱落しかねません。


  スポーツ応援の会は第2戦を“ここぞ”の試合とし、神宮球場に集合をかけ


  ました。


  昨日の敗戦のショックが影響したのか6名だけの参加となりましたが、


  全員の意気は高く、昨日のリベンジを誓いあいました。


    試合は先発の田村投手が乱調で、3回までに4点を失いました。反撃に移りたい立教は4回、5番笠松選手がランナー2人をおいて昨日に続く3ランホームランを左翼席に放ち1点差に、そして5回には大城選手と佐藤(拓)選手の2塁打で44の同点としました。投げては田村投手を救援した斎藤投手が4回から慶應打線を完全に封じ、同点のまま9回表を迎えました。


   斎藤投手が慶應の攻撃を3者凡退で片付けたことで、試合の流れが立教に傾きました。9回裏の立教応援席は、昨日の借りを返す絶好のチャンス到来に沸き立ち、全員が声を振り絞っての大応援でした。打席に立った6番豊村選手は慶應加藤投手の1球目を渾身の力で振り抜くと、ボールは一直線にライトスタンド中段に突き刺さり、劇的なサヨナラホームランでの幕切れとなりました。


  夢のような出来事が現実となった瞬間でした。応援席は驚きと歓喜の声で埋まり立教の勝利を告げる校歌が神宮の杜に響きわたりました。


  近くのレストランに場所を移した後も、ビール片手にサヨナラホームラン談義に花が咲き、あっという間に時間が過ぎてゆきました。


  おおきなプレゼントをくれた立教野球部に感謝!感謝の1日でした。 


 


                       高雄 良三(S43経)