湘南立教会創立65周年記念

平成29年年次総会・懇親会のご報告

 

湘南立教会創立65周年記念

 

平成29年年次総会・懇親会のご報告

 

 

 

 このたび湘南立教会創立65周年記念・平成29年年次総会が、平成29326日(日)に鎌倉プリンスホテルにおいて開催されました。

 

1部総会には、昭和27年卒業の大先輩から平成10年卒業の若手まで106名の会員・家族が参加し、立教大学から山下総務部長、三邨調査役(募金担当)、校友会から曽山副会長、和田立教経済人クラブ会長、守時立教レディスクラブ会長、鈴木事務局長、相京箱根駅伝復活推進校友の集い会長、金子同相談役、宇津山平塚聖マリア教会司祭、そして横須賀・逗子葉山・平塚の各立教会の幹部の方々を来賓に迎えて滞りなく終了しました。

 

総会で承認された平成28年度の事業報告・会計報告、平成29年度の事業計画・予算案、そして新年度の役員体制の詳しい情報は、別途HPに掲載いたします。

 

なお、立教大学へは会の予算から10万円、社会貢献活動を目的にして1年がかりで積み立てた募金から大磯町の「聖ステパノ学園(小川理事長S29社会)」へ5万円の寄付を行いました。

 

2部懇親会は、“バンケットホール七里ヶ浜で、湘南海岸に面して江ノ電がすぐ前を通るおなじみの会場です。

 

司会は、藤吉次郎氏(元テレビ東京アナウンサー・S46年経済)と小原加津子幹事です。来賓を代表して4月から校友会会長に就任する和田成史氏(オービックビジネスコンサルタント代表取締役社長・S50年経営)のごあいさつに続き、宇津山司祭により食前の祈りを奉げ、山下総務部長の発声による乾杯で賑やかに食事や懇談が進められました。

 

校友2名も加わる地元のバンドグループ{ギターラ湘南}がバックに控え、その演奏が盛り立てる中、新入会員としてこの会に出席された昭和37年から55年卒まで4名の方が壇上で紹介され、湘南立教会から紫の小旗をお渡ししました。演奏がハワイアンに代わると、“なんちゃってダンサーズと名乗る男女7名の幹事グループによるフラダンスが披露され、和やかに交流が計られるうちに時が流れてゆきました。

 

締めくくりは、応援団部出身の成田慎一氏(H8社会)のリードで校歌栄光の立教を高らかに斉唱し、これからも楽しい湘南立教会の活動を全員で誓いあい、創立65周年記念の「特製マグカップ」を受け取って帰路につきました。

 

あいにくの空模様で、いつものキラキラ輝く湘南海岸には会えなかったものの、会場の熱気は肌寒さを吹き飛ばし年度最大の行事は無事にお開きになりました。

 

 

 

湘南立教会会長 清水 誠

 


年次総会・懇親会速報版

2017年3月26日


(ホームより続く)下記の写真参照。・・・

 第1部の総会の来賓ご挨拶では、日々進化し続ける大学の現況報告などがあり、会計報告、新年度事業等が説明・承認され、新役員の紹介等を経て総会は無事終了しました。

特設スクリーンに映し出される湘南立教会の年中行事と同好会の紹介映像を多くの会員の方が興味を持ってご覧になっている姿が印象的でした。

(以下懇親会へ)

第2部の懇親会は、(下の写真)藤吉・小原新コンビによる司会で始まりました。現役アナ藤吉次郎さんの流れるような司会は”さすが”と、しか言いようのない素晴らしいものでした。

美味しい料理に舌づつみを打ち、適度なお酒と弾む会話にここでも立教ファミリーの誕生です。フラダンスの余興に笑い転げている間にもうお開きの時間となりました。最後の校歌斉唱では、伴奏を伴う音響装置が故障しアカペラで歌うハプニングも、参加された皆様にはとても思い出深い65周年記念総会になったことでしょう。(S43経 高雄・・・なんちゃってフラのダンサーです)