年次総会

2015年

 

 

 

228日土曜日、快晴の湘南海岸を望む鎌倉プリンスホテルで平成27年度の総会・懇親会が開催されました。鶴岡会長(39・経)のご尽力で会員が昨年と全く同じ110名の申し込み、来賓として立教大学の塚本副総長(51・社)、校友会本部の曽山副会長(49・法)、近隣の立教会幹部など10名をお迎えしました。

 

総会においては、鶴岡会長のあいさつに続いて塚本副総長から大学の近況報告があり、熾烈な競争にある有力大学との受験者数獲得競争にも勝ち残っている母校の発展ぶりが紹介されました。議事では、前年度の事業報告、会計報告・監査報告、新年度の事業計画、予算が承認され、役員改選で7年にわたって幹事長を務めた小林捷二氏(40・経)が副会長に、新幹事長に会計の任にあった田中征彦氏(42・営)が就任するなど、8名の役員が交代する大幅な体制の変更が決定しました。今年度はじめて事業報告において本部の主催イベントのほか同好会・サークルの日常の活発な活動状況を映像で紹介して新たな同好の士の参加を促しました。

 

続く懇親会においては、校友会本部の曽山副会長から校友会の会員が既におよそ19万人、男女比は21、神奈川県に約2万人が在籍し、湘南立教会はもっとも活発な組織であって、さらなる発展を期待する旨のあいさつをいただきました。田澤利之司祭(昭54・法、平塚聖マリア教会)の食前感謝の祈りのあと、平塚立教会大内守雄会長(41・法)の乾杯で懇談に入り、おなじみのクル―ビーファイブ(軽音楽部OBが中心)の軽快なリズムに乗り、円卓テーブルは、来賓もまじえて年次別配席の円卓テーブルで食事をとりながら旧知も新顔も同窓の校友として賑やかに交流を図りました。

 

恒例の新入会員紹介では、司会の小笠原宏之さん(39・経)、小原加津子さん(5・法国)から、東島宏さん(28・営)の大先輩をはじめ6名が紹介され、記念に湘南立教会の小旗が贈呈されました。また、このたび新たに同好会に加わった湘南サイクリング・クラブから自転車の組み立てデモンストレーションと共に輪行の説明と紹介がありました。

 

宴もたけなわのところで、小宮幸恵さん(40・社)がレイをつけて登場しハワイアンのメロディーに乗って見事なフラダンスを披露し、続いて大島新副会長(41・社)、田中新幹事長、高山美都子さん(41・英)、相馬栄子(43・英)さんも飛び入りで壇上のフラに加わり会場を大いに沸かせました。締めくくりは、和田烈さん(39・営)にお願いして校歌とエールを高らかに唱和し、「もっと皆で、もっと立教」のもとに相集って再会と向こう一年間の活発な活動を期して、和やかかつ賑やかな懇親会はお開きとなりました。

 

総会・懇親会に参加された会員の皆様にお礼を申し上げるとともに、長年にわたって役員として活動され、このたび退任された方々に深く感謝を申し上げます。そして、この1年間に諸活動の準備、行事・同好会活動を通じて会員相互の親睦に努めて来られた幹事・世話人の皆様に感謝する次第です。              (清水・誠41経、記)