9月12日開催。

ノルディクウォーキングの会

 

ご報告が遅れました。NW同好会9月定例会は夏休み明けの久しぶりの9名が集まりました。

 

当日12日は朝から雷雨予報だったのですが ポツポツ降ったり、空が明るくなったり、希望もみえていたので取りあえず 会いましょうということで 鎌倉駅東口に10時集合いたしました。初めての方もいらしたので 丁寧にポールを使ってウォーミングアップ。

 

雨に濡れないよう生涯センターの屋根の下をお借りしました。

 

当初は十二所方面を予定していたのですが空がどんよりして怪しげでしたので 駅周辺を歩くことに変更いたしました。

 

丁度当日は日蓮さまの頸つぎのお祀りの日でしたので おんめさま~妙本寺を抜け常楽寺ぼたもち寺へ向かいました。昔ここの老いた尼が日蓮上人に胡麻のお萩を差し上げたところ 首を切られる難から逃れたとの言い伝えがあり、毎年この日は参拝客にお茶とぼたもち(大町の和菓子屋おおくにの)が振る舞われます。

 

私たちもお菓子を頂いて、また日蓮辻説法道を戻り 途中 八重の芙蓉や香りの高い真っ白なジンジヤーが満開の妙隆寺をお参りし、宝戒寺へ白萩鑑賞に向かいました。 境内に入ると 萩はまだまだ。代わりに白の彼岸花(曼珠沙華)が沢山咲いて 私たちを迎えてくれました。

 

ところがここで雷が鳴り始め  ザァーっと大雨。治まるまで本堂で雨宿りしているうちにお昼になり、駅に向かってまたNW再開。 途中覗いた八幡宮の裏路地の真っ赤な彼岸花の群生が燃えるようにきれいでした。ところがまた雷雨。今度は先程より激しく 他所の広いガレージで雨を避けながらクールダウンをしているうちに雨は止んできました。ようやく辿り着いた駅のCIAL2階の風凛で丼ランチ。食後また扇ケ谷の海蔵寺へ萩を見に歩き始めたのですが またまた雨が振降りだしたので この日はここまで。午後は有志6名で小町通脇の カフェ ヴィヴモンディマンシュでかき氷入りコーヒーゼリーパフェを頂いて大満足いたしました。

 

甘くなく大人の味です。夕方の焼けるような空が見事でした。

 

次回は歴史の会に合流し、ポールの威力を発揮いたします。

 

         田村芙美子 記